2016年03月10日

【撮影】2016年日の出・淡路SA

寒暖の差が激しい今日この頃。
服装も体調管理も中々難しい季節の変わり目を迎えました。と同時に「卒業」という別れと旅立ちのシーズンとなりました。
年度末ということもあり、人の心も落ち着かないそんな時期かもしれません。

さて今回も引き続いて「カメラ・写真」です。
瀬戸内の景色、日の出、空模様、明石海峡大橋などを撮影しました。・・と言っても日の出は初日の出でなく、単なる「日の出」ですのでお間違えのないようにお願いします(笑)

第2回は「2016年日の出・淡路SA」です。昨年から年初の撮影は日の出を撮っています。動機は1年の初めやから何となく・・というものです(笑)
ちなみに昨年は朝熊山(伊勢志摩)、今年は淡路島(淡路SA)にしました。

日の出前 (800x530).jpg


この日の日の出時刻は6:59。
霧と雲がやや出ておりちょっと厳しいかもしれません。

まだ日の出まで時間があるので、冬の早朝の空模様を何枚か撮影しました。↓

IMGP5151 (800x530).jpg


IMGP5200 (800x530).jpg


IMGP5182 (800x530).jpg


IMGP5185 (800x530).jpg


IMGP5139 (800x530).jpg


IMGP5201 (800x530).jpg



空を見るのは好きです。微妙に1日1日、その時々に見せる空模様って違う気がします。
その時々に空模様をぼーっと見上げて見るのが自分にとっては心地よい時間だったりします。
雲が描くライン。
それは螺旋状だったり、扇形だったり、等間隔に1本線だったり様々・・。
自分にとっては一種の「芸術」だと思っています。

この神戸淡路鳴門道・淡路SAには観覧車があり、夜はちょっとした夜景スポットです。
でも冬の早朝は、乗る人も係員もいないちょっと寂しい光景です。
こんなふうに・・。↓

IMGP5142 (800x530).jpg


そしてそのすぐ側には、よく見かける某コーヒーショップも。
こちらは空と一体となっているような感じ。

IMGP5215 (800x530).jpg



・・・そうこうしていると日の出が近づいてきました。

IMGP5218 (800x530).jpg


IMGP5245 (800x530).jpg


この日は雲がややありくっきりとはいきませんでしたが、それでも朝日を浴びて朝を迎えるのは最高です。
植物と同じように、人間にとっても日の光は必要不可欠だとされています。

SAのテラスに設置されている望遠鏡たちも光を浴びながら。

IMGP5249 (800x530).jpg


IMGP5253 (800x530).jpg



明石海峡大橋もちょっと霞んでいて残念でしたが、それでも形はしっかりと確認できます。
日の光を浴びる、本州と淡路島を結ぶ世界一の吊り橋「明石海峡大橋」

IMGP5264 (800x530).jpg


IMGP5294 (800x530).jpg



こんな写真(↓)のように、ゴンドラに乗ったらそこは四国(徳島)みたいな時代もいつかは来るんでしょうか。

IMGP5287 (800x530).jpg


・・なわけない(笑)
でもトンビは飛んでます。食べ物を野外に持ち出すときは注意しましょう。

とんび警告 (800x530).jpg



早朝にも関わらず、多くの人が景色を堪能しています。

IMGP5269 (800x530).jpg


来年もまた違う場所で日の出を撮りたいと思います。
posted by つーきん at 12:00| 大阪 ☔| Comment(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。